吉原遊郭の歴史から学ぶソープの原型

遊廓での遊び方

東京に住む男性ならば、吉原はソープ街として認知度が高いでしょう。
けれども地域によって、ソープ街は色々存在します。
その人の生活圏によって、認知度の高いソープ街の地名は、違うかもしれません。

これは以前からそうだったようです。
ソープの原型と言える遊廓は、各地にありました。
今回は吉原遊郭の歴史を、ひも解いていきたいと思います。

歴史を辿ると、徳川家康が江戸幕府を開いた頃。
江戸は人口が急激に増えました。
しかも比率的に、男性がとても多くなりました。

理由は、徳川家康が幕府を開く為に、東海地方からたくさんの家臣達を連れて来たから。

さらに江戸時代が始まるということは、同時に戦国時代が終わったことでもあり、仕事が無くなってしまった武士も多くなりました。
武士の仕事が無くなって浪人となった人は、仕事を求めて江戸に集まったのです。

そうして家臣も、浪人も男性だったので、江戸は男性の人口が爆発的に増えていきました。
さらにさらに、爆発的に増えた人口を受け入れる街づくりの為に、労働力として江戸に人が集められました。

街づくりを進める中で、遊廓も統治の動きが始まりました。
当初は江戸日本橋(現在の人形町辺り)に遊廓が集められました。
そして大きな火災が起きたのをきっかけとして、浅草寺横、日本堤辺りに移転しました。
ここは現在の住所では台東区千束ということですが、当時は植物の葦がたくさん茂っていたそうです。
その様から「吉原」と名付けられたそうです。

吉原はその経緯から、江戸日本橋時代を「元吉原」、日本堤時代を「新吉原」と呼ぶこともあります。
現代のソープの原型と言える吉原遊廓はどのようなところだったのでしょうか。
男性客の様子、遊女の暮らしや背景などにスポットを当てながら、調べていきました。

元吉原と新吉原

吉原遊郭では、男性客はどのように遊んでいたのでしょうか。 現代のソープと、共通点はあるのでしょうか。 あるいは違う点はあるのでしょうか。 もう一歩進んで、ランクの高い遊女と遊ぶには、男性客はどうしていたのでしょうか。 具体例を挙げながら、ご紹介します。

遊女と暮らし

吉原遊郭の遊女にもスポットを当てて、調べました。 どのように人身売買され、遊女になり、いずれはどうなって行くのか。 借金を背負わされた形で入り、そのうちに晴れやかにに卒業できるのか。 どうやらそうではなかったようです。 しかも、かなり大部分の遊女たちが。

吉原遊廓という場所

大夫、後の時代には花魁と呼ばれた、遊女のトップもご紹介します。 江戸から明治に入り、遊廓はだんだんと花街に勢いを奪われて行きます。 男女の営みだけでなく、その背景の物語や心情風景は、歌舞伎や浄瑠璃などにも取り入れられます。 吉原遊郭は、そのような文化や、時に女性ファッションの発信地でもあったようです。

トップへもどる